【VR】Counter Fight攻略メモ

スポンサードリンク

Counter FightというVRゲームがありまして。最近Twitterでも話題になっているこのゲームです。

 

ゲームの本来の目的は、吹き出しにある注文のラーメン・ビール・餃子を作り、カウンターの時間が0になる前に提供することです。

今日、1時間30分ほどプレイして、9999でカンストせず5桁目に突入したとこでやめました。

次またやりたくなったときのためや、攻略法が知りたいという読者のために、プレイ中に感じた攻略ポイントを残しておきます。

 

ポイント1.開始直後

開始直後は唯一といっていいほど客がいない、客を待つだけの時間になるのですが、この間に事前準備をすることができます。

ラーメンのスープ入れておいてもあんまり役に立たないし、餃子を予め焼いておくのもそこまで嬉しくない。

 

なので、ビールの用意をしておきましょう。

 

冷蔵庫を開き、足元のビールケースからビールを10本、上段下段に5本ずつ中に入れてしまいましょう。

 

で、ビールの注文があったときは、

1.冷蔵庫に空きがあるなら入れるようにして、

2.一本掴んで

3.ドアを閉める

とするようにします。時間がないなら1番を飛ばしても良い。

でも、外に出すだけだと冷えたビールがなくなるので、余裕のあるときにきちんと補充しておくようにしましょう。常に6~9本が冷蔵庫の中にあるっていう状態を保つのがベスト。

 

ポイント2.ラーメンの作り方(前半の自分の考え方)

ラーメンの作り方は、

1.スープを入れる

2.テボを掴んで湯切り、麺を丼に入れる

3.出したい相手のトッピングを見て、丼に入れる

4.出す

という流れになるわけですが、時間短縮のため、2.と3.を同時に行います。

つまり、

2.テボを掴んで湯切りしつつ、湯が切れるまでに右手でトッピングを掴んで丼の上においておく

3.麺を入れると、丼の上においておいたトッピングが勝手に合体し、ラーメンができる

4.出す

という流れになります。

こうすることで、時間がかかる湯切りの時間をトッピングに使え、無駄が省けます。

 

…このテクニック、前半は使ってたのですが、後述する方法に気づいたので、後半は使いませんでした。

 

ポイント3.客を選ぶ

短い時間のやつ(でかいの、ロボ)に優先的に出すようにして、時間を有効に使いましょう。特にロボ。

 

ポイント4.餃子の焼き方

箸で白い餃子を掴んで、フライパンに重ならないように6つ入れる(餃子の上に餃子が乗ると、焼いてない判定になることがある)。

で、焼けた餃子を皿に盛り付けるわけですが、

1.一個ずつ箸で掴んで盛る

2.うまいことフライパンを掴んで、皿に注ぐ要領で流し込む

という方法が考えられ、後者を使っていました。

が、やってるうちに、もっと早い方法を思いつきました。

 

3.フライパンを掴んで皿に押し付ける

 

フライパンは皿を透過しますが、焼けた餃子は透過せず皿に乗るので、簡単に盛り付けを行うことができます。

これをリアルでやらないようにしましょう。

 

ポイント5.ラーメンの作り方(後半の自分の考え方)

ラーメンの湯切りに時間がかかっていたので、トッピングを置いといてドッキングする方法を使っていました。

が、より早く湯切る方法を見つけましたので更新しました。

テボを掴んで頭ぐらいまで上げて、ひっくり返して丼に突っ込む

これをすると、時間がかかっていた湯切りが爆速で終わります。もちろん、予めトッピングを掴める時間はなくなります。

 

この5つを心がけていれば、ゲームオーバーにならずに1万点到達はできるんじゃないかと思います。

 

 

なお、1回ミスするたびに-5点、注文を一回成功させるたびに+20点なので、1万点に到達するには500回のオーダーを受けなければなりません。がんばりましょう。俺は嫌だ。

スポンサードリンク